悲惨な事故は防げたかもしれない。危険を発見して、安全な現場をつくる「KY活動」のポイント

建設業界では仕事中に事故が起こることが多く、日本全体の労働災害で亡くなる方のうち、実に3分の1が建設業界に従事する方だと言われています。

建設現場で起こってしまう労働災害を防ぐためには、安全衛生教育など様々な方法がありますが、その方法のひとつがKY活動。

KY活動とは、危険予知(K:キケン Y:ヨチ)の頭文字を取った活動を指し、工事現場の危険を予知し、労働災害を未然に防ぐために行われるものです。

この記事では、労働災害を防ぐKY活動の具体的方法や上手な行い方を解説します。

労働災害を防ぐ「KY活動」とは?

KY活動とは?

KY活動の目的は
・現場にどのような危険が存在するかを知ること
・危険をどのように回避するかを知り、対策を立てること
・立てた対策をどのように実現するか考えること
・労災について知り、それが起きないように安全意識を高めること

など。

KY活動には、KYK(危険予知活動)とKYT(危険予知訓練=K・危険、Y・予知、T・トレーニング)があり、このうちKYK(危険予知活動)は「現場の作業直前」に現場で作業の危険性について話し合い、対策と行動目標を立てること。

KYT(危険予知訓練)は現場作業のために、「事前」に研修室や事務所などで行うもので、危険を予測し指摘しあうものとして区別されています。

現場で行うか、研修室や事務所などで行われるかの違いはありますが、どちらも安全な現場を作るために重要な活動です。

KY活動の具体的な方法「4ラウンド法」とは

具体的なKY活動の方法

ここからは、KY活動の具体的方法として代表的な「4ラウンド法」をご紹介します。

4ラウンド法とは、現場や作業にひそんでいる危険を発見・把握・解決するための基本的手法で、危険予知活動の意欲を向上させる目的で行います。

4ラウンド法は、現場や作業について「現状把握・本質研究・対策樹立・目標設定」の4つの段階を確認しながら行うものです。活動は3〜5名のグループを作って行うとよいでしょう。

まず、「現状把握」で、現場や職場にどんな危険がひそんでいるのかを従業員全員で話し合い、共有します。

次に「本質研究」で「現状把握」で出てきた危険因子から重要だと思われるものを選び、その原因について話し合いましょう。このときに紙などに危険要素を書き出しながら行うと参加者全員がわかりやすく、原因の共有もしやすくなります。

「対策樹立」では、「本質研究」で挙がった危険ポイントをどのように解決するのかを話し合います。この時に複数の意見が挙がるよう、参加者全員に意見を聞いてみましょう。

最後に「目標設定」で、「対策樹立」で挙がった解決策を具体的な目標に落とし込み、現場で行う重点実施項目にします。実施項目は目標を達成できるよう、日々従業員全員で復唱して実践を心がけましょう。

<4ラウンド法の回答例>
以下に4ラウンド法の回答例を記載しますので、こちらを参考に活動を進めてみましょう。

・現状把握:【危険因子】高所作業をするときに足場から転落してしまう
・本質研究:【原因】安全帯を使用していなかった、足場の固定が不十分で脱落してしまう
・対策樹立:【対策】安全帯使用徹底のため職長チェックを行う、足場チェックシートをつくり作業前に安全確認を行う
・目標設定:【具体的目標】8月度の安全帯使用チェックの使用達成率100%、足場チェックシートの作成と1ヶ月間の作業前確認の徹底

これらの回答は一例で、危険を避けるために有効であれば、どのようなものでも構いません。

このなかで、「対策樹立」と「目標設定」は、できるだけ誰もが実行できる対策や目標を立てましょう。せっかく立てた対策や目標でも難易度が高いのものや手間のかかるものでは実行することはできません。

KY活動で最も重要なことは、作業員が現場にどのような危険が存在するかを気づき、危険への対策方法を知り、現場の安全を守ることにあるのです。

4ラウンド法を効果的に行う5つの方法

KY活動の効果的な方法

4ラウンド法をより効果的に行うためには、いくつかの秘訣があります。そのコツをこれから解説します。

①意見は全員から聞く

KY活動は複数で行うことが一般的ですが、それは様々な人の意見や視点を共有するため。複数の人が集まれば、その分視野も広がり、ひとりでは気づかなかったことにも気づくことができます。

できるだけ参加するメンバー全員に意見を聞き、幅広く危険因子や対策案を洗い出しましょう。

②労災事例を参考にする

新人技能者などは現場の危険性を十分に認知していないことも多く、「現状把握」や「本質研究」を行っても、危険因子や原因を挙げることができないかもしれません。

そんな時には労働災害の事例を参考にしてみましょう。たとえば、厚生労働省が運営している「職場のあんぜんサイト(http://anzeninfo.mhlw.go.jp/anzen_pg/SAI_FND.aspx)」には原因別に労働災害の事例が紹介されています。

この方法をとれば、KY活動に参加する新人技能者が多くても、効果的に活動を行うことができるでしょう。また、「ヒヤリ・ハット」と呼ばれる、労災一歩手前の危険事例の経験を参加者から集め、その対策を話し合うことも有効です。

③熟練者の意見を取り入れる

KY活動を行うチームのなかに現場経験が長い作業員がいる場合は、その人の意見を積極的に聞いてみましょう。熟練者は豊富な経験から、現場で起こる労災事例や危険に精通していることも多く、効果的な対策や目標を立てることができます。

④図やイラストを利用する

可能であれば、KY活動でテーマとなる作業中の図やイラストをコピーして、KY活動中に活用してみましょう。イラストがあることでよりイメージがつきやすくなり、イラストに危険因子を書き込めば、言葉でやりとりするよりも円滑なコミュニケーションができるはずです。

⑤目標は振り返りを行い、次回に活かす

目標設定で立てた具体的な目標は、日々実施することが必須ですが、一定の期間が過ぎた後には、「目標の設定が難しくなかったか?」「行動目標は安全衛生を守るために効果的だったか?」などの振り返りを行いましょう。

KY活動をした直後は安全意識が高まりますが、時間が過ぎるごとにその意識は薄れていきます。振り返りを行うことで対策や目標のブラッシュアップを行うことができ、安全意識も同時に高めることができるのです。

万にひとつでも事故を起こさないために、KY活動に取り組みましょう

KY活動の意義

労働災害は、「自分は事故に遭わないだろう」「いつも大丈夫だから事故になることはないだろう」という気の緩みから起きるものです。

しかし、いったん事故が起きてしまえば、巻き込まれた人たちは体にダメージを負い、事故に巻き込まれた人の家族に精神的苦痛を負わせるなど、多くの人に被害が及んでしまいます。

事故は悲惨なものです。だからこそ、万にひとつでも起こしてはならないことだと考え、KY活動を通して安全な現場を作っていきましょう。

労働災害をなくすために!こちらの記事もチェック!

◎フルハーネス型安全帯が原則義務化へ!その背景と内容を解説!
◎ヒューマンエラーとは?分類・定義から対策を考える
◎建設現場の朝礼はうまく機能しているか?安全衛生責任者の指示が労働災害を防ぐ!高木元也氏に聞いた現場コミュニケーションの重要性
◎建設現場におけるヒューマンエラーの原因と対策〜高木元也さんに聞いた人間の本能〜
◎ヒヤリハット報告書の作成ガイド〜重大な事故は300のヒヤリハットに隠れている!? 〜
◎労災防止に必須の書類、安全ミーティング報告書の作成ガイド
◎「職長教育」は何を学ぶの?なぜするの?職長になったら知っておきたい、教育の内容と意義
◎【現場監督向け】夏の労災「熱中症」を防ぐ現場の作り方
◎建設現場の事故を減らす!労災防止のプロに聞く、労働災害の防ぎ方
◎工事現場の安全に欠かせない「安全衛生計画書」記載のポイント

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でケンセツプラスをフォローしよう!