建築模型の美しく緻密な世界。「建築倉庫ミュージアム」で楽しむアート|ケンセツタンボウ

ひとつの建物を設計する際に、作られる建築模型。どんな形で、どんな外観になるかのイメージを伝える他、土地の高低や道路などの周辺環境を視覚的に検討したり、建物の使い方を示したりと、その目的は多岐にわたります。

建築模型は建設に携わる人以外も惹きつける魅力があります。そのひとつにアート作品としての側面が強いことが挙げられるでしょう。また女性の方でしたら、ミニチュアのような世界観を「かわいい」と感じられるかもしれません。

「ケンセツタンボウ」の4回目は、2016年6月に東京・天王洲アイルにオープンした国内唯一の建築模型専門の展示・保存施設である「建築倉庫ミュージアム」にお伺いし、建築模型の魅力について当館の学芸員である西村 陸さんにご案内いただきました。

倉庫の中に浮かび上がる建築模型の数々。展示と保存を両立する新しいミュージアム

建築倉庫ミュージアム_展示棚

訪れるとまず驚かされるのは、その展示方法でしょう。“建築模型専門のミュージアム”と聞くと、通常の美術館や博物館をイメージしてしまいますが、「建築倉庫ミュージアム」では100以上の展示棚が整然と並べられ、その上に建築模型が置かれています。

「建築模型に特化した国内唯一の展示施設として建築模型の文化的価値を高め、日本の建築文化を世界に発信していくというコンセプトのもと、建築を専攻する学生のみならず、建築の未来を担う子どもたちに向けた教育普及活動にも力をそそいでいくという目的で運営をしています。(建築倉庫 学芸員 西村 陸さん。以下、敬称略)

展示と保存を両立するために工夫しているのは、照明と環境です。展示棚に並べられている建築模型には四方からLEDライトが当てられ、より立体的に浮き立たせます。また通路は敢えて照明を落としているので、ひとつひとつの建築模型が引き立つ工夫がされているのです。

建築倉庫ミュージアムでは、模型が梱包されていた箱も模型と同じように展示棚に並んでいます。模型を輸送する際に使用する梱包箱も、事務所それぞれに特徴があり面白みがあるからです。天井高が高く、元々は倉庫空間であることを感じつつ、他美術館で体験することのできない鑑賞体験をすることができます。

建築倉庫_高栄智史<Project tree-house yoshino,nara dead tree house/高栄智史/2015年>

また館内は1年を通して、温度は約20〜3℃、湿度は約50%が保たれています。建築模型は様々な素材で作られていますが、この設定が一番保存に適しているとのことです。

「建築倉庫ミュージアム」では、各作品の展示棚にQRコードが設置されており、スマートフォンやタブレット等で読み込むことで、建築家の情報や模型作品の竣工写真を見ることができるようになっています。

倉庫という建物を最大限に活かし、余計な装飾を排除した引き算の美学とも言うべき展示方法によって、来館者は自ずと建築模型に集中してしまうのです。

建つことはなかった幻の建築模型たち〜模型から無限に広がる想像〜

建築倉庫_梓設計<新国立競技場 国際デザイン・コンクール 最優秀作品候補/梓設計/アンビルト>

「建築倉庫ミュージアム」では、国立屋内総合競技場(代々木体育館)や長野市オリンピック記念アリーナ、ティファニー銀座、東急プラザ表参道原宿などの有名建築物を“鳥の視点”で鑑賞することができます。

建物が巨大になればなるほど、その全貌は掴みにくいですが、建築模型で見ると様々な発見があります。たとえば天井の仕様や庭との関係性など、細部にいたる建築家の思いに想像を巡らすことができるのです。また模型と実物との違いを探してみるのも楽しみ方のひとつでしょう。

さらに「建築倉庫ミュージアム」では、“if”の楽しみ方もできるのも魅力です。

「当館では、すでに竣工されている有名建築物から個人宅まで幅広く展示しておりますが、アンビルトと呼ばれる実際には建つことのなかった建築模型も多くあります。例えば、2020年の東京オリンピックに向けて、現在施工中の新国立競技場。このコンペティションに出た2案も展示しております。残念ながら採用はされませんでしたが、アイデアとしても秀逸で、資料としても貴重ですので、多くの一般の方の目に触れることで、製作者の思いを紡ぐことができればと思っています(西村)

建築倉庫_香山壽夫<東京・四谷 聖イグナチオ協会(計画案)/香山壽夫/アンビルト>

建築模型には様々なタイプがあります。プレゼンテーション用に制作される模型は代表的な例で、新国立競技場のように実際には建てられなかった模型が数多く存在します。もし、こちらの案が通っていたら―という“if”を想像するのも面白いですし、実際の建築物と比較して議論を巡らすのも楽しみ方のひとつではないでしょうか。

建築家の方々が描いた夢やロマンが色濃く残るアンビルト模型は、実際に建つことのなかったがゆえに、観る者の想像を無限に広げてくれます。

建築模型は細部に魂が宿る

建築倉庫_スタディ模型

では、「建築倉庫ミュージアム」では、他にどのような種類の建築模型を見ることができるのでしょうか。

「普段はなかなか見ることのできないものにスタディ模型があります。設計は、何十回にも及ぶ試行錯誤があって生まれるため、そのシミュレーションとして制作するのがスタディ模型です。複雑な細工等は入りませんが、建築家の頭の中のプロセスを見ることができる貴重な資料です」(西村)

またスタディ模型の他に、プレゼンテーション用模型、実寸検討型模型など多様な建築模型が展示・保存されています。それぞれのデザインや意匠が異なるのはもちろんですが、模型の材料も実にバラエティが豊かな点に驚かされます。

建築倉庫_細部建築倉庫_細部2<建築家によって木の表現の仕方・材料も異なります>

「主な材料は、紙・段ボールやスチレンボード、木版、アクリルになりますが、建築家によって表現方法が違っているので、ぜひ注目してほしいですね。実際に建物で使用するコンクリートや金属を使用する方もいますし、建物内部の見せ方にも個性が現れます。商業施設や個人住宅の模型などは、ライフスタイルがイメージできやすいように作られているので、人や本、自転車やキッチンなど細部まで非常に凝っているものが多いです」(西村)

建築倉庫_ディティール

日本の建築文化の継承と発展を支えていく

建築倉庫_西村さん<「建築倉庫ミュージアム」学芸員 西村 陸さん>

建築模型の多角的な魅力を楽しみながら、学ぶことができる「建築倉庫ミュージアム」。来館する人の多くは、学生や外国の方だと言います。

「海外からの観光客の方が多く来館されます。建築模型専門のミュージアムという珍しさもありますが、日本の建築は海外で注目度が高いこともその理由として挙げられます。また学生さんやお子様連れのお客様も多いので、気軽にご来館いただき鑑賞していただけると嬉しいです。(西村)

日本の建築文化を海外に広め、次世代に継承する役割を果たしている「建築倉庫ミュージアム」。今後は様々なイベントも予定しているとのことです。

「これまで皆様に模型の素晴らしさをお伝えしてきましたが、建築倉庫ミュージアムは展示スペースリニューアルのため、12月18日より2018年4月上旬まで一時休館となります。リニューアル後には常設展はもちろん、企画展もこれまで以上に充実したものとなる予定で、来館者の方々が訪れる度に新しい発見があるような空間となりますので楽しみにお待ちいただければと思います。また、オンラインサービスも同時に開始し、国内だけではなく国内外へ日本の建築文化を発信していく予定です。」(西村)

建築倉庫_東向島マンション<東向島マンション/大島頌太郎/2013年>

「建築倉庫ミュージアム」の魅力は、専門的な視点でも、芸術的な視点でも、予備知識がなくても誰でも楽しめることです。普段なかなか接する機会のない建築模型の世界ですが、その造形美やアート性、込められた建築家の思いに惹かれた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

この機会にぜひ、最新の建築文化の発信地、また優れた文化の保存の場である「建築倉庫」に足を運び、深遠な建築模型の世界に飛び込んでみてください。

<施設データ>

建築倉庫ミュージアム
東京都品川区東品川2-6-10 建築倉庫ミュージアム
https://archi-depot.com/

【アクセス】
東京モノレール 天王洲アイル駅 徒歩5分
東京臨海高速鉄道りんかい線 天王洲アイル駅B出口 徒歩4分
JR品川駅 港南口 徒歩15分

【開館時間】
火~日 11:00-20:00(最終入館19:00)
月曜休館(祝日の場合、翌火曜休館)

【入館料】
一般 ¥2,000
大学生/専門学校生 ¥1,000
高校生以下 無料
15名以上の団体は、入館料からそれぞれ200円割引
※障害者手帳をお持ちの方とその付添者1名は無料
※それぞれ入館の際、学生証等の年齢のわかるもの、障害者手帳等をご提示ください。

ケンセツタンボウシリーズ

第1回 築40年を超え、新しい命を吹き込まれた名建築物“中銀カプセルタワービル”
第2回 先人の情熱が“私達が暮らす社会”を作った、湯島の建築資料館で得る仕事のモチベーション
第3回 新施設が誕生!進化し続ける富士教育訓練センターの20年の歩み

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でケンセツプラスをフォローしよう!