暑い夏でも快適に!建設現場でおすすめのクールインナー、冷感インナー

いよいよ夏も本格化。夏場の仕事は熱中症対策など注意すべき点も多くなります。気温や湿度も高くなり、不快度も高まり、汗や臭いも気になる……。やはりできるだけ快適に作業をしたいものです。

現在は、ハイテク素材が多くのメーカーが開発し、クールインナーや冷感インナーといった商品が夏には欠かせません。

今回は、夏場を快適にしてくれるクールインナー、冷感インナーを紹介します。

真夏のインナーで重視すべきポイントは?

熱中症対策にもなるインナー
夏のインナーには様々な商品がありますが、どういう基準で判断・セレクトをすればいいのでしょうか? 夏場のインナーは毎日着替えますし、場合によっては1日に2回なんてこともあるでしょう。もっとも気になるのは、やはり価格。という方が多いと思いますが、うれしいことにクール〜冷感インナーは、お手頃な価格になっています。

他に重視すべきは、もちろん機能性。夏用のインナーでは、多くの商品が下記のような機能を押し出しています。それぞれどのような性能なのか、を紹介します。

さわるとひんやり冷たい「接触冷感」。その仕組は?

現在では、寝具を中心に広まっていますが、冷感インナーでも「接触冷感」機能がひとつの大きな売りとなっています。生地に触れると、冷たいと感じる仕組みは一体どうなっているのでしょうか? 簡単に言うと、そのモノ自体が冷たいのではなく、肌から生地へ移動する熱量が大きいほど、人は冷たく感じるのです。その基準はQ-max値になります。聞き慣れない言葉なので、「っ!?」と思われた方がほとんどだと思いますので、下記をご覧してください。

Q-maxとは?

熱は高い方から低い方へと移動する性質があります。理系の方でしたら、「熱伝導」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。熱伝導率が高いほど素材ですと、一度に多くの熱が移動するため、人は冷たく感じます。その感覚を測る基準として、Q-max(最大熱吸収速度)があり、この値が大きいほど触れたときに冷たく感じます。

 
接触冷感を得ることができるQ-maxの基準値は、0.2に設定されています。つまり。この数値を超えると肌が触れたときに冷たく感じることができます。

汗を吸って、すばやく乾く「吸汗速乾」で不快感をゼロへ!

大量に汗をかく夏場は、インナーが湿っているとやはり不快で気持ち悪いですよね。そこで重要なのは、汗や湿気を吸い取り、すばやく蒸発させる吸汗速乾(吸水速乾)性と呼ばれる機能です。

この機能は、蒸散性や拡散性残留水分率の評価など試験も様々なものがありますので、一定の基準値を示すのが難しくなっていますので、詳しく知りたい方は、一般商品の差をデータで明示している商品もありますので、そちらをチェックすることをおすすめします。

WORKMAN(ワークマン)で買えるおすすめのクール・冷感インナー

おすすめの冷感インナー
まずは建設現場の味方、WORKMAN(ワークマン)の商品からおすすめを紹介していきたいと思います。毎年、ユーザー目線の機能的な新商品が生み出してくれるWORKMAN(ワークマン)、かゆいところに手が届きます。

2018年の新商品「ICE CHARGE」

なんとヒスイをパウダー状にして織り込んだ生地を使用し、他製品とは異なる接触冷感を実現しています。もちろん吸汗速乾の機能も備えているので、夏場のインナーとしてはピッタリです。しかし、「ICE CHARGE(アイスチャージ)」の魅力はこれだけではありません。WORKMAN(ワークマン)が開発したMicroModal AIR®(マイクロ モダール エアー®)という100%天然由来の繊維が45%も含まれており、着心地も柔らか。さらに伸縮性もあり、動きやすいので、欠かせないアイテムとなりそうです。

ICE CHARGE(アイスチャージ)丸首半袖Tシャツ
ICE CHARGE(アイスチャージ)V首半袖Tシャツ

各780円(税込)
素材:レーヨン45%・ナイロン45%・ポリウレタン10%
◎WORKMAN Online Store/ICE CHARGE

ラインナップが幅広い!「COOL-SHIELD NEO」

よりマルチな機能を追求したコンプレッションウェアシリーズ「COOL-SHELD NEO(クールシールドネオ)」。接触冷感、吸汗速乾はもちろん。動きやすさを重視して軽量アイテムなので、建設現場のインナーとしては最適。また半袖、長袖からレギンスやキャップまでフルラインナップで展開しているのも「COOL-SHILED NEO」(クールシールドネオ)のうれしいところ。

COOL-SHIELD NEO(クールシールドネオ)半袖Vネック
COOL-SHIELD NEO(クールシールドネオ)半袖ミドルネック

各980円(税込)
素材:ポリエステル90%・ポリウレタン10%/脇メッシュ:ポリエステル85%・ポリウレタン15%
◎WORKMAN Online Store/COOL-SHIELD NEO

夏の定番!「ICE ASSIST」

WORKMAN(ワークマン)の夏の定番といえば、「ICE ASSIT」(アイスアシスト)。通常の綿混素材より放熱率が約10%高いCYCLE DRY®を表地に採用。裏地には、綿糸の約2倍の冷感を実現したDEEP ICE®となっており、汗をかきにくい爽やかな着心地で高い人気を誇っています。

ICE ASSIST 放熱冷感Tシャツ
499円(税込)〜
※販売店により異なる場合がございます
素材:表ポリエステル100%/裏ナイロン100%

ワークウェアメーカーおすすめのクール・冷感インナー

おすすめのクールインナー
WORKMAN(ワークマン)以外にも、良質のワークウェアを提供しているメーカーがたくさん存在します。そんな働く男たちを支えるメーカーから夏におすすめのインナーを4つ紹介したいと思います。

「EVENRIVER」のコンプレッションインナー

ハードな環境下でもタフな素材と高機能性で身体をガードしてくれる「EVENRIVER(イーブンリバー)」。その中でも、「GTA」シリーズは、アイスコンプレッションエアーのラインナップで、真夏にはピッタリのアイテムとなっています。「吸汗速乾」「接触冷感」は当然として、軽量化とストレッチ性も実現し、消臭テープも内蔵されているので、夏場に気になる臭いも安心です。コンプレッションインナーのため、やや価格帯は高めですが、その分仕事以外の様々なシーンでも活躍してくれそうです!

GTA-05 アイスコンプレッションエアー(半袖)
4,000円(+消費税)
素材:ナイロン80%、ポリウレタン20%
◎EVENRIVERオフィシャルサイト

自重堂の「Z-DRAGON」

新庄剛志がイメージキャラクターを務める「Jawin」、基幹ブランド「Jichodo」などファッション性と機能性を兼ね備えた多彩なワークウェアを発売する株式会社 自重堂。そんな株式会社 自重堂からは「Z-DRAGON」の接触冷感コンプレッションインナーがおすすめ。俳優の市川隼人が今年からイメージキャラクターを務め、より洗練された作業服で魅了してくれる。

春夏インナー Z-DRAGONロングスリーブ
1000〜2000円
インターネット上での価格をケンセツプラス編集部で調べたものです。
素材:ストレッチ天竺(ポリエステル90%、ポリウレタン10%)
◎Z-DRAGONオフィシャルサイト

BURTLEのコンプレッションインナー

ワークウェアブランドとして、根強い人気を誇る「BURTLE(バートル)」からは高機能コンプレッションインナー「ショートスリーブコンプレッション 4026」を紹介。「接触冷感」「吸汗速乾」「消臭テープ」「UVカット」「ストレッチ素材」と夏場の建設現場に欲しい機能はすべてを兼ね備え、脇部分にはメッシュ素材を採用。

4026 ショートスリーブコンプレッション
3,000円(+消費税)
素材:ポリエステル88%、ポリウレタン12%
◎BURTLE WORKWEARオフィシャルサイト

おたふく手袋の人気コンプレッションシャツ!

おたふく手袋なら人気のコンプレッションウェア「BODY TOGHNESS(ボディータフネス)」でしょう。「接触冷感」「吸汗速乾」「消臭」「パワーストレッチ」「脇下メッシュ」といった機能もあり、良心的な価格がうれしい。またクルーネック、ハイネック、Vネックとバリエーションも豊富。また2018年からの新商品「DUAL MESH(デュアルメッシュ)」は、従来品より高い吸汗速乾性を実現。「接触冷感」を気にしないのであれば、こちらを選んでみてはいかが?

BODY TOUGHNESS(ボディータフネス)コンプレッションシャツ
1,400円(+消費税)
素材:本体ポリエステル85%、ポリウレタン15%/メッシュ部分ポリエステル100%

BTデュアルメッシュ ショートスリーブ クルーネックシャツ
2280円+消費税
素材:ポリプロピレン62%、ポリエステル38%

◎おたふく手袋2018 SPRING$SUMMER COLLECTION

asicsとUNIQLOの接触冷感インナー

つづいて、asics(アシックス)とUNIQLO(ユニクロ)の接触冷感インナーを紹介します。asics(アシックス)は安全靴など建設現場のサポートとなる商品を発売している点で、UNIQLO(ユニクロ)は日常的に馴染みが深いという点で、皆さんにとっても親しみやすいブランドではないでしょうか?

ウィンジョブ®のコンプレッションインナー

asics(アシックス)のウィンジョブ®シリーズと言えば、安全靴を思い浮かべる人が多いと思いますが、建設現場向けのコンプレッションインナーも発売しています。接触冷感素材に加えて、汗などの水分によって反応して吸熱反応を起こす涼感プリントが火照った身体をクールダウンしてくれます。ウィンジョブ®のインナーのすごいところは、身体の負担を軽減するサポート機能がついていること。袖の引っ掛かりが少なくなり、腕を動かしやすい「ショルダーフリー」に、肩甲骨を内側に引き寄せて肩の可動域を広げる「肩バランスアップ®」がついており、身体にフィットするだけではなく機能性向上の補助をしてくれます。

ウィンジョブ®ハーフスリーブシャツ
4,860円(税込)
素材:本体2WAYトリコットCP:ポリエステル86% ・ポリウレタン14%/切替部ストレッチメッシュ/ナイロン83% ・ポリウレタン17%
◎asiceオフィシャルサイト

UNIQLO(ユニクロ)はやっぱりAIRism(エアリズム)

コンプレッションインナーではありませんが、夏用のインナーとして一般的に認知度がもっとも高いUNIQLO(ユニクロ)のAIRism(エアリズム)を紹介しないわけにはいかないでしょう。東レと共同開発したマイクロポリエステル繊維が汗をかいてもすぐに乾くサラッとなめらかな肌触りを実現。また「消臭効果」「接触冷感」「通気性」「ストレッチ」など夏場に欠かせない機能は網羅。建設現場でも快適な作業を期待できるはずです。

AIRism(エアリズム) VネックT/クルーネックT(ともに半袖)
990円+税
素材:(ホワイト/ブラック/ベージュ)ポリエステル89%、ポリウレタン11%(ライトグレー)ポリエステル88% 、ポリウレタン12%
◎UNIQLO MEN AIRism(エアリズム)オフィシャルサイト

まとめ

今回は、冷感・クールインナーのなかから建設現場でおすすめの商品を「ケンセツプラス」編集部の独自の視点で、ご紹介しました。様々なメーカーから多彩なインナーが発売されておりますが、共通しているのは「夏場を快適に過ごす」というコンセプトがあること。

その意味からも、「接触冷感」と「吸汗速乾」を軸にインナーを選びましたが、タフな建設現場向けということで、消耗品という捉え方をする方にはお手頃の価格。より機能性を重視したいという方には、高機能のものがおすすめになります。

今回は大体1000〜5000円の価格帯から選んでいますが、もっと安価なものや高価なものもありますし、同価格帯でもまた違った商品も存在します。

ぜひ夏場を快適に作業するためにも、夏用のインナーを着用し、熱中症にも十分気をつけて、安全第一でのぞんでください!

俺たちのおすすめはコレ!シリーズ

【徹底比較!】男の汗とニオイを「拭き」飛ばす汗ふきシート・ボディシート10選
【現場監督向け】夏の労災「熱中症」を防ぐ現場の作り方
【個人向け】建設現場での熱中症予防の「いろは」と対策グッズ
◎空調服を着るとどんだけ涼しくなるのか、灼熱のサウナで実験してみた!
【現場で働く職人に聞く!】「ニオイ」「汗垂れ」「紐擦れ」を防ぐ、ヘルメットの使い方
現場でおすすめレインウェアはイージス!? おすすめのメーカーを比較してみた!
おすすめの安全靴と安全スニーカーをメーカー別に紹介!【2018年度版】
【現場で働く人に聞いた】冬の現場でおすすめの防寒着・防寒対策はなんですか?
建設現場の職人さんに聞いた、ワークマンで「本当に買い!」の作業服とは

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でケンセツプラスをフォローしよう!