工事現場の安全に欠かせない「安全衛生計画書」記載のポイント

巨大な重機を使ったり、高所で作業したりと常に危険がつきまとう建設現場では、さまざまな人の手によって安全な環境が保たれています。

それでも時として起こってしまう労働災害を防ぐために、労務安全書類(グリーンファイル)は作られています。

労務安全書類は、安全でスムーズな工事を行うために用意するものですが、記載のルールが細かく、なかなかうまく作れていないという人も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、労務安全書類のひとつ「安全衛生計画書」の作成方法について解説していきます。

安全衛生計画書とは?

21330354_M
安全衛生計画書は、工事が行われる作業所ごとに下請企業が作成する安全書類(グリーンファイル)のひとつです。

その目的は、「安全衛生水準の向上」や、「労働災害の防止」「現場における危険箇所の把握」と「安全意識の向上」、「そのために行うこと」の周知など。

安全衛生計画書は、工事の内容や協力会社との関係を示す施工体制台帳系の書類とは違って、現場を安全で衛生的にするための目標や、実施予定の安全指導などが主な記入内容になります。

ほかの労務安全書類であれば、現場の状況が変わったり、協力会社が増えたりした場合に逐一作り直すものが多いのですが、安全衛生計画書の場合は、あまり作りなおしの発生しない書類です。

安全衛生計画書は年度更新型の書類です。数ヶ月程度の短い工事期間であれば着工前に一度作成すればいいのですが、工事が数年に渡る場合は、年度ごとに1年間の安全衛生計画を作成し直します。

基本のフォーマット(様式)は、「全建統一参考様式第3号」で記載されている内容が本来の目的に沿ったものであれば様式は自由です。

様式はA3縦長用紙の場合が多く、元請負の会社が作成した独自のフォーマット(様式)を使う場合もあれば、それぞれの会社が用意したものを使う場合もあります。

安全衛生計画書は、一次下請負と二次下請負が同じ現場で作業する場合、1次下請負が作成しますが、元請業者から別々に提出を求められる場合は、それぞれ作成して提出しましょう

安全衛生計画書の記入内容

24197838_M
それでは、安全衛生計画書への記入内容を解説していきます。
全建統一参考様式第3号にしたがうと、主な記載項目は以下の通りになります。

・安全衛生方針
・安全衛生目標
・安全衛生上の課題及び特定した危険性又は有害性
・安全衛生計画
・作業所共通の重点施策・実施事項
・安全衛生行事
・安全衛生管理体制

安全衛生計画書を作るにあたって難しい点は、「現場の安全衛生のために何が必要なことなのか」を考えて書かなければならないところでしょう。

書類作成者が工事の内容を把握し、「現場がどういった状況にあるのか?」「過去どのような事故が起こり、起こりそうになったのか?」「事前に事故を防ぐためにできることは何か?」といったように、細かい点まで考えて作成する必要があります。

最初のうちはわからないことも多いでしょうから、過去に作成された安全衛生計画書をいくつか見て、似たようなケースの現場にどのようなことが書かれているか参考にするとよいでしょう。

それでは、各項目ごとに記入例を紹介していきます。

安全衛生書類の記入例 安全衛生方針〜安全衛生状の課題まで

①

①安全衛生方針

安全衛生方針の欄には、安全衛生水準の向上を目指して、現場の管理者及び作業員が心に留めておくべき意識や姿勢を記入します。記入例は以下のようになります。

・労働安全衛生関係法令および当社の安全衛生管理規定を遵守する
・全従業員の協力のもとに安全衛生管理活動を実施する
・設備、機械の安全化を図るとともに、快適な職場環境の形成を促進する

②安全衛生目標

安全衛生目標の欄には、特定の危険や有害な要因に対して実施する取り組みと、その取り組みで目指す目標を記入します。

ここは安全衛生全般で達成したい目標ですので、できれば数値目標も記入しましょう。以下が記入例になります。

・安全衛生の達成率を80%にする。
・ヘルメットや安全帯の不使用ゼロ
・重機を使用する際の周囲立ち入りゼロ

③安全衛生上の課題及び特定した危険性又は有害性

この欄には、前年度の工事状況や、過去の似たケースの工事を振り返っての安全衛生における課題、そこから明らかになった危険性などを記入します。以下に記入例を紹介します。

・作業手順書によるリスクアセスメントおよび、低減対策の実施が十分でなかった。
・安全衛生パトロールによる指摘事項の改善が展開されていなかった。
・足場からの墜落による休業災害が発生した。

安全衛生書類の記入例 安全衛生計画〜作業所共通の重点施作まで

②

④安全衛生計画

安全衛生計画の欄には6つの項目があり、安全衛生目標を達成するために行う具体的な取り組みの内容や日程を記入します。

1. 重点施策:重点的に行う施作
2. 実施事項:重点施作を「具体的な行動」まで落とし込んだもの ※複数記入可能
3. 管理目標:実施事項の見直しの際に基準となる「数値や目標」など ※複数記入可能
4. 実施担当:実施事項の「責任者」
5. 実施スケジュール:実施事項を行うスケジュール ※「実施事項」で複数記入した場合は、それぞれのスケジュール
6. 評価スケジュール:実施した内容や目標を評価するタイミングとスケジュール
7. 実施上の留意点:実施にあって気をつけておきたい留意点

これらの項目は、それぞれ過去に作成された安全衛生計画書を参考にしたり、先輩や上長に相談しながら記入していきましょう。

⑤作業所共通の重点施策・実施事項

作業所共通の重点施策・実施事項の欄には、安全衛生目標を達成するために、現場で指導する具体的な重点対策と実施事項を記入します。

たとえば、重点対策の欄に「墜落災害防止措置の徹底」と書き、実施事項には、「脚立足場の安全使用」や「安全帯の使用」などといったように、現場の作業員レベルで何をすればいいのか明確にわかるように書くのがポイントです。

安全衛生書類の記入例 安全衛生行事〜安全衛生管理体制まで

③

⑥安全衛生行事

安全衛生行事の欄は月ごとに枠が設けられており、月ごとに実施する安全衛生関連の行事の予定を記載します。

画像では4月から始まるものになっていますが、工事が始まる月に合わせて書き換えましょう。

この項目には、現場で行う安全大会や安全協議会だけではなく、春の交通安全運動や、秋の火災予防運動など業界全体で取り組む行事なども忘れずに記入してください。

全ての枠を埋める必要はありませんが、予定されている行事は漏れなく、かつ具体的な実施日もわかるように書いておきましょう。

⑦安全衛生管理体制

安全衛生管理体制の欄には、自社の安全衛生に関する担当者の役職名及び、氏名を書きます。

また、以下の欄は現場で常時働く労働者の数で記入の有無が変わるので、注意しましょう。

・安全衛生推進者(又は衛生推進者)⇒ 常時10人以上50人未満の労働者を使用するとき
・安全管理者、衛生管理者、産業医 ⇒ 常時50人以上の労働者を使用するとき
・統括安全衛生管理者 ⇒ 常時100人以上の労働者を使用するとき

選任する人物について、法律上は全ての担当を兼務することが可能ですが、ほかの担当業務を行うことは無理があるので、現場での仕事が発生しない雇用管理責任者を除いてそれぞれ別の人物が担当することが一般的です。

「総括安全衛生管理者と安全管理者・衛生管理者」もしくは「安全管理者・衛生管理者と安全衛生推進者」など、上位管理者と下位担当者は、それぞれ別の人を選任すると良いでしょう。

選任する際の注意点として、安全管理者及び安全衛生推進者には産業安全に関する実務経験、衛生管理者には該当する免許が必要ですので、しっかり確認してから名前を書くようにしましょう。

安全衛生のカギを握る安全衛生計画書

17078202_M

安全衛生計画書に記入する項目は以上です。
記載ルールに沿って項目を埋める書類とは性質が異なるので、はじめのうちは先輩や上長にこまめに相談しながら進めることをおすすめします。

安全衛生計画書は、現場に掲示されることも多く、現場を安全な環境にする指針となるものです。

数ある安全書類のなかでも、慣れるまではしばらく大変でしょうが、現場の安全衛生の鍵を握っているという気持ちで、しっかりと書類作成に取り組みましょう!

◎そのほかの労務安全書類(グリーンファイル)作成方法はこちら
ケンセツプラスの「安全書類の書き方」シリーズ

労働災害をなくすために!こちらの記事もチェック!

◎建設現場の朝礼はうまく機能しているか?安全衛生責任者の指示が労働災害を防ぐ!高木元也氏に聞いた現場コミュニケーションの重要性
◎建設現場におけるヒューマンエラーの原因と対策〜高木元也さんに聞いた人間の本能〜
◎ヒヤリハット報告書の作成ガイド〜重大な事故は300のヒヤリハットに隠れている!? 〜
◎労災防止に必須の書類、安全ミーティング報告書の作成ガイド
◎「職長教育」は何を学ぶの?なぜするの?職長になったら知っておきたい、教育の内容と意義
◎悲惨な事故は防げたかもしれない。危険を発見して、安全な現場をつくる「KY活動」のポイント
◎【現場監督向け】夏の労災「熱中症」を防ぐ現場の作り方
◎建設現場の事故を減らす!労災防止のプロに聞く、労働災害の防ぎ方

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でケンセツプラスをフォローしよう!