ヒヤリハット報告書の作成ガイド〜重大な事故は300のヒヤリハットに隠れている!? 〜

多くの作業員、建材、機械が混在する建設現場は常に身の危険と隣合わせです。建設現場で作業をしていると、幸い重大な事故にはならなかったものの、「ヒヤリ」「ハッとした」という経験が多くあるのではないでしょうか。

こういった体験を「ヒヤリハット」と言い、職長等に報告し、現場全体に共有することで労働災害の未然防止・再発防止に活かすことができます。今回は、「ヒヤリハット報告書」の書き方や目的について紹介します。

「1:29:300の法則」とは?ヒヤリハットの重要性


「ヒヤリハット報告書」は、現場で起きる多くの「ヒヤリハット」の情報を収集・分析し、対策を記入するもので、労働災害の未然防止、再発防止を目的としています。

では、安全ミーティング、KY活動との違いはどこにあるのでしょうか?安全ミーティングやKY活動も災害防止が目的ですが、事前に考えうる対策がメインになります。「ヒヤリハット報告書」は安全ミーティングやKY活動を行った後に、起きた“危険”を報告するものです。実際に災害に繋がってしまった場合は「ヒヤリハット」には含みません。

「ヒヤリハット=重大な事故にはつながらないアクシデント」の重要性は、“災害防止のゴッドファーザー”と呼ばれたアメリカのハーバート・ウィリアム・ハインリッヒの調査によって指摘されました。彼は5000件以上の労働災害を統計学的に調べ、1件の重大な労働災害の背景には、29件の軽微な災害があり、300件の「ヒヤリハット事例」があることを突き止めました。
<ハインリッヒの法則>

「1:29:300」。これをハインリッヒの法則と言い、「ヒヤリハット事例」を収集・共有・対策を練ることで、不安全行動や不安全状態をなくなり、災害・事故を減らすことができます。

では、早速記入方法を見ていきましょう。

「ヒヤリハット報告書」の書式について

ヒヤリハット報告書は、法律上の提出義務や保管義務はありませんが、現場単位で一定期間、もしくは全国安全週間の期間に提出が求められることが多いです。現場や元請企業、所属企業によって書式は異なりますが、「ヒヤリハット事例」とその対応策を記入することが目的なので、下記の項目を抑えておくとよいでしょう。

・いつ
・作業内容
・どこで
・何をしたときに
・どうなったか、もしくはどうなりそうだったか
・原因
・対応策

今回は、株式会社石井マーク様のwebサイトで無料ダウンロードできる「ヒヤリハット報告書」の書式で説明をしていきます。


◎株式会社石井マーク 「ヒヤリハット報告書」

ヒヤリハット報告書」の記入例①

A「いつ、どこで、なにをしたとき」

「ヒヤリハット」が発生した日付はもちろん可能な限り時間も詳細に記入しましょう。例えば、12月の午後4時頃でしたら、冬場で日が落ちるのも早く足元が見えづらかったのでは?などの検証や分析に役立ちます。

作業内容は簡潔に記入して問題ありませんが、「どこで、なにをしたとき」は単純に「荷降ろし」「清掃中」と記入するより、下記のように詳しく説明することで状況を伝えやすくなります。

例)
トラックから鉄板の荷降ろし中
作業台をホースで清掃中
脚立でボルトを締めているとき
など

◎厚生労働省「職場の安全サイト ヒヤリ・ハット事例」

B「どうなったか」は克明に記述しましょう

上記の画像のように、どのようなシチュエーションでどんな「ヒヤリハット」があったかを記入しましょう。重大な労働災害の未然防止が目的となりますので、些細な「ヒヤリハット」でもしっかりと記録しておくことが重要です。

「ヒヤリハット報告書」の記入例②

A「問題や原因、自身の状況について」

ここでハッキリとした原因を判明させる必要はありませんが、作業方法や手順、機材や設備、環境など発生状況を分かる範囲で記入しましょう。

自身の不注意による不安全行動なのか、機材のトラブルや環境状態による不安全状態だったのか、手順に間違いはなかったのかをしっかりと客観的な記録することで状況がクリアになります。

B「起きたかもしれないさらなる深刻な事態」

幸いにもヒヤリで終わりましたが、最悪の場合はどうなっていたでしょうか?あらゆる可能性を想定することで、潜在リスクを洗い出すことができます。例えば、「脚立がぐらつき転倒しそうになった」というリスクに対して、その状況下で「もし荷物を持っていたら」「もし周りに人がいたら」で、リスクが異なります。実際に起きた発生状況以外の想定も行うようにしましょう。

C「私はこうする」と提案・要望について

ここの欄では、不注意や思い込みなどの不安全行動が原因の場合は、どのように対処することで安全度が高まるかを記入しましょう。また「照明が暗い」「足場が不安定」などの機器や設備、環境が原因と考えられる場合は、不安全状態になりますので、「提案・要望」の項目に記入し、現場の環境改善に反映させましょう。

「ヒヤリハット」を客観的に振り返りながらあらゆる可能性を考える癖をつけることで、労働災害への感受性を高めてくれます。自身が体験した「ヒヤリハット」を報告することが、今後の重大な労働災害を防ぐ尊い行為であることを意識してください。

「ヒヤリハット報告書」の記入例③

ここからは現場の安全管理者が記入する項目になります。報告者の項目を確認し、まずは不安全状態と不安全行動の項目にチェックを入れましょう。

また「ヒヤリハット」は個別の事案になりますので、安全管理者は報告者より客観的な視点で分析と対策を練る必要があります。設備や工程などに問題はなかったのか?作業者の手順や体調はどうだったのか?全体の状況を把握して、労働災害が起きないように改善を図ります。

対応策はリスクの見積りを行い、優先順位を付けていきましょう。その基準となるのが「リスクの見積評価」になります。重大性と可能性を照らし合わせ、評価が高いリスクに関しては、迅速に対応しましょう。

◎「リスクの見積評価」の詳細はこちら
「安全ミーティング報告書の記入例」

ヒヤリハットはこんなに沢山ある!「ヒヤリハット事例」を学ぶ


では、「ヒヤリハット」と言っても、どの程度の「ヒヤリ」や「ハッと」を報告すればいいのでしょうか。
答えは「少しでも危険の可能性があるものはすべて」です。どんな些細なことでも職長や安全管理者に報告することで、労働災害の防止につなげることができます。

参考となる「ヒヤリハット事例」や教育・講習サイトはインターネット上に多く存在します。ここでは厚生労働省や関係団体による代表的なサイトを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

お笑い芸人出演の講習動画で楽しみながら学ぶ

吉本興業と国土交通省が共同制作した「ヒヤリハット」の教育動画です。ワッキー(ペナルティ)、鬼越トマホーク、マテンロウ、本坊(ソラシド)の6人の生徒が、ヒデ(ペナルティ)を講師に「ヒヤリハット」の講習を受ける内容になっています。オープニング、中編、後編の3本があり、実際にあった「ヒヤリハット事例」をもとにクイズ形式で進行します。あなたは何問正解できるでしょうか?ぜひチャレンジしてみてください。

◎国土交通省チャンネル「おうちクラブの事例から学ぶ!ヒヤリハット講習~建設現場はヒヤリとしてハッとすることがいっぱい~」

マンガで学ぶ「ヒヤリハット」の基本

製造工場の女性新人社員の佐倉を主人公のヒヤリハットマンガ。佐倉のちょっとした油断から起きてしまった重大な労働災害。彼女はこの災害を経験し、工場全体の安全意識を高めるために奮闘します。舞台は製造工場ですが、安全行動の基本的な考え方は建設現場と変わりません。「ヒヤリハット」の基本的な取り組み方を佐倉から学びましょう!

(社)安全衛生マネジメント協会「安全衛生啓発マンガ ヒヤリハットガール」

厚生労働省が全国から収集した膨大な事例集

厚生労働省の「職場の安全サイト」では、随時「ヒヤリハット事例」が追加されています。建設業から製造業、介護、飲食店などあらゆる職種の事例が網羅されており、「墜落・転落」「転倒」「激突」などカテゴリ別に事例を確認することができます。別業種のヒヤリハットを確認することで、建設業でも起きうる災害も想定できるでしょう。実際の現場に置き換えて、あらゆる可能性を考えてみてください。

厚生労働省「職場の安全サイト ヒヤリ・ハット事例」

まとめ

「ヒヤリハット」でもっとも大事なことは、報告・共有することです。「ヒヤリ」や「ハッと」したことがあったら、「危なかった」で済ますことなく、必ず職長に報告するようにしましょう。

安全は毎日のひとつひとつの積み重ねによって生まれます。「今日はいいや」「ちょっとくらい大丈夫」の油断が災害の原因となります。「ヒヤリハット報告書」はもちろん、「安全ミーティング」や「KY活動」などの安全衛生活動は漫然とこなすのではなく、意識をもって取り組みましょう。

労働災害をなくすために!こちらの記事もチェック!

◎フルハーネス型安全帯が原則義務化へ!その背景と内容を解説!
◎ヒューマンエラーとは?分類・定義から対策を考える
◎建設現場の朝礼はうまく機能しているか?安全衛生責任者の指示が労働災害を防ぐ!高木元也氏に聞いた現場コミュニケーションの重要性
◎建設現場におけるヒューマンエラーの原因と対策〜高木元也さんに聞いた人間の本能〜
◎労災防止に必須の書類、安全ミーティング報告書の作成ガイド
◎「職長教育」は何を学ぶの?なぜするの?職長になったら知っておきたい、教育の内容と意義
◎悲惨な事故は防げたかもしれない。危険を発見して、安全な現場をつくる「KY活動」のポイント
◎【現場監督向け】夏の労災「熱中症」を防ぐ現場の作り方
◎建設現場の事故を減らす!労災防止のプロに聞く、労働災害の防ぎ方
◎工事現場の安全に欠かせない「安全衛生計画書」記載のポイント

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でケンセツプラスをフォローしよう!