【建設業向け】毎日の仕事を短縮・効率化できるスマホアプリ9選

建設業界は、他業界に比べて休日も少なく、稼働時間も長くなりがちです。
施工管理技士や一人親方ならば、日中は現場で働き、夜は事務所で事務処理に追われているという方も多いのではないでしょうか。

今回は、仕事を早く終わらせたい、仕事を効率化したいという方に向けて、施工管理アプリや定規や水平器などの計器アプリなど、建設業の仕事を効率化するアプリをご紹介します。

施工管理系アプリ

最初にご紹介するのは施工管理に役立つアプリ。進行管理のために写真を共有したり、職人さんとのやりとりは意外に時間がかかるもの。画像の共有や現場で働く人とコミュニケーションできるアプリを使って、コミュニケーションを効率化しましょう!

現場ごとにチャットルームが自動作成される「stacc(スタック)」

現場では、様々な企業や職人さんが密なコミュニケーションをとらなければいけません。staccはグリーンサイト(労務安全書類のクラウドサービス)に登録された現場名称・工事期間・参加企業・労働者情報などのデータに基づいて、チャットルームが自動的に作成され、現場に関わる方とやりとりができるアプリです。

自動でチャットルームが作成されるため、複数の現場に関わっている時のやり取りも簡単。職長だけのルームや企業ごとのルームも作成してくれるので、画像ファイルなどのやりとりも安心して行うことができます。

stacc Webサイト

工事黒板を表示できるカメラアプリ「工事写真」

工事の進捗管理に必須の写真撮影と工事黒板をひとつにまとめたアプリが「工事写真」。アプリを起動すると、アプリ内の黒板に工事名や工種、撮影の日付などが入力でき、そのまま撮影できるのが特徴です。

現場で撮影した写真はなにかと点数が多くなってしまいますが、撮影した写真を日付や測点別に自動的にフォルダ分けしてくれるので、整理の手間が省けます。
※このアプリはiphone・ipadにのみ対応しています。

工事写真Webサイト

重い図面の持ち運びから解放される「Field Pad」

現場と事務所の行き来の際に、図面や書類を持ち歩くことは骨が折れる仕事ですよね。Field Padは、オンライン上で図面を管理し、スマホやタブレットで確認ができるアプリです。ファイル共有サービス「Drop Box」に対応しているほか、画面上の図面にコメントや写真、音声や動画も紐付けできます。
※このアプリはiphone・ipadにのみ対応しています。

Field Pad Webサイト

計器系

メジャーや水平器など、計器は施工に必須の道具ですが、現場に着いてから忘れてしまったことに気づいた、なんて経験はありませんか?
事前に定規や水平器のアプリをダウンロードしておけば、もしもの時にも安心です。

水平器&水準器

傾きを計測するだけでなく、水準計にもなるのがこのアプリ。シンプルなデザインなので使いやすく、基準を設定する「キャブレーション機能」も搭載しています。
※このアプリはiphone・ipadにのみ対応しています

水平器&水準器 Webサイト

スケール定規 – いろいろな縮尺が設定可能!三角スケールがないときに!

図面の縮尺を確認するために必要な「三角スケール」のアプリ版がこちら。メートル、インチのどちらにも対応可能で、様々な縮尺を選べるのも嬉しいところです。
※このアプリはiphone・ipadにのみ対応しています

スケール定規 – いろいろな縮尺が設定可能!三角スケールがないときに! webサイト

その他・便利系

スマホでCADの図面を作成できる「AutoCAD」

このアプリはスマホやタブレットをタップするだけでCAD図面の作成・編集ができます。スマホの画面でも図面の作成が可能で、作成した画像はWebブラウザに共有できるので、出先で作成、事務所で編集、なんてことも可能。隙間時間を有効に活用できます。

AutoCAD Webサイト

もうカタログは持ち歩かない、電子版カタログ「iCata」

建材や消耗品を選ぶために、事務所にカタログを常備している方は多いのではないでしょうか。出先で発注をしたい時や建材を確認したい時に頼りになるのがこのアプリ。iCataは凸版印刷に登録されているデジタルカタログシステムを閲覧できるサービスです。

住宅・建築系などをはじめ、オフィス用品など9000冊以上のカタログを掲載しているほか、打ち合わせのメモや付箋も記入することができます。

iCata Webサイト

本物より便利なデジタル野帳「eYACHO」

「eYACHO」は現場関係者のメモ帳として圧倒的な人気を誇る「野帳」のアプリ版です。野帳のようにメモ書きや進捗メモを記入できるほかに、TODO管理・帳票作成・情報共有まで簡単にできてしまいます。これを使えば、もうアナログの野帳には戻れないかも。

eYACHO Webサイト

隙間時間を使って、ステップアップ!「一級建築士暗記カード+過去問 解説付」

仕事のステップアップを目指して、建築士の資格に挑戦している方はいませんか?「一級建築士暗記カード+過去問 解説付」は空いた時間を活用して試験勉強ができるアプリです。試験の分野別に学習ができ、過去問も掲載。間違えた問題に付箋を付けることができるので、苦手な分野を重点的に学習できます。

シリーズに二級建築士に対応したものもありますので、こちらもどうぞ。
※このアプリはiphone・ipadにのみ対応しています。

一級建築士暗記カード+過去問 解説付 Webサイト

仕事の効率化はITがカギ

今までアナログで済ませていた仕事も、ITの力を活用すれば作業効率の改善が図れます。
今回ご紹介したアプリはスマートフォンひとつで導入でき、無料でダウンロードできるものも多いのでお手軽に利用できるのではないでしょうか。ぜひ一度利用して、業務の効率化に役立ててくださいね!

こちらの記事もおすすめ!建設業界の働き方を考える

◎なぜ今、建設業界に「女性活躍」が必要なのか? 〜建設産業女性活躍セミナー全国大会レポート〜
◎原田左官工業所 代表取締役 原田宗亮さんに聞く建設業界の働き方改革 〜女性活躍と人材育成〜
◎建設業界で働く方に聞いたストレスの原因は!? メンタルヘルス対策と働き方改革を考える
◎「建設業は男の世界」はもう古い?じゅうたく小町に聞く、女性技能者が働きやすい現場とは
◎「部下がなかなか育ってくれない……」と思い悩むあなたへ。若手社員の心を動かす6つのフレーズ集

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でケンセツプラスをフォローしよう!