出会いを求める現場男子必見!建設業の男性と付き合った女性に聞く”恋のきっかけ”の作り方

建築現場は男の職場。最近では女性の姿もちらほらと見るようになりましたが、それでも男性の数が圧倒的に多いのが現状です。

そこで出てくるのが恋愛の悩み。建築業は休みも少なく外に出られる日も限られているため、出会いに困っている方も多いのではないでしょうか。

今回は、建築現場で働く作業員や現場監督と付き合ったことがある女性に向けて、「出会いのきっかけは何だったのか?」「建築業に勤める男性と付き合うメリットは?」などのアンケートを行いました。

お付き合いする女性ができれば仕事も日常も楽しくなるはず。建設現場で働く男性の皆さん!アンケート結果を参考に良い出会いを作ってくださいね。

■付き合いのきっかけは「友人、知人の紹介」がダントツ1位!

建設業界での出会いは紹介が多い
今回のアンケートに協力していただいたのは、建築業の男性と付き合っている(付き合っていた)女性33名。まずは以下2つの質問をしてみました。

・建築現場で働く男性と付き合うきっかけは何でしたか?
・付き合っている(付き合っていた)男性の好きなところは何ですか?(複数選択可)

今「女性と付き合いたい!」と思っている男性が特に気になるのは、出会いのきっかけだと思います。その結果はこちらです!

出会いのきっかけアンケート結果

この質問の選択肢と結果は以下の通り。
・友人、知人の紹介 40%
・職場、社内恋愛 6%
・共通の趣味を通して 9%
・合コン 12%
・インターネットを通じて 12%
・お見合い 3%
・その他 18%

一番多かったのが「友人、知人の紹介」、次いで多かったのが「その他」「合コン」「インターネットを通じて」という結果になりました。

今も昔も、出会いのきっかけは「友人の紹介で」という方は多いのでしょう。インターネットを通じて出会った人が多いのも、SNSがコミュニケーションの中心になっている現代ならではです。

次に聞いてみたのは、付き合っている(付き合っていた)男性の好きなところ。モテをつくる“自分磨き”のヒントにどうぞ!

異性は建設男子のどこを見ているかの結果

この質問の選択肢と結果は以下の通り。
・顔 20%
・髪型 4%
・スタイル 13%
・性格 26%
・ファッション 2%
・話し方や仕草 10%
・雰囲気 21%
・仕事や地位など 4%

人気が集まったのが、「顔」「性格」「雰囲気」の3つ。逆に「髪型」や「ファッション」に票が集まらなかったところを見ると、男性の髪型やファッションに不満を持っている女性も多いのかもしれません。普段は着ないジャケットを着たり、きれいめの服装をすれば、ギャップにときめいてしまう女性が現れるかも。

■お付き合いが始まったら知っておきたい、建築業の男性と付き合うメリット

建設男子・現場男子の魅力

次にした質問は、「建設業に勤める男性と付き合うメリットを教えてください」というもの。女性と付き合っても、円満に過ごすには「お互いの良いところ、悪いところ」をすり合わせることが大切です。

建設現場に勤める男性と付き合っていた女性は、どのようなところに魅力を感じていたのでしょうか?まずは現場男子なら「あるある」と頷いてしまいそうなコメントをご紹介します。

◎力持ちで体力がある!
・「力があるから引っ越しの時に重いものを任せられる」
・「普段から長時間勤務が多い職場なので、体力がありフットワークが軽い。行きたいところにも快く連れて行ってくれる」
……現場男子は、建築現場で重いものを持つことが多いため「力持ちで体力がある」のが魅力!女性では持てない荷物を軽々と運ぶ姿に、ときめく人も多いようです。

◎現場で鍛えられた肉体がたまらない!
・「体が丈夫で、筋肉質な肉体がカッコイイ!」
・「日焼けもしているので男らしく見える」
・「男らしくて頼りになります。力仕事なので筋肉もあり、何かあった時に凄く安心です」
……現場で鍛えられた筋肉や日焼けした肌は、女性にもウケがいいようです。回答の中には「鍛え上げられた肉体と汗臭さ」という意外なものも。

◎手先が器用でDIYが得意!
・「とにかく手先が器用で工具の扱いに長けている。ちょっとした家具の組み立てはお手のもので配線にも強く、エアコンの設置も行ってくれた」
・「家の中の物ならたいていの物は直せるし、一般の人が持っていないような道具を持っているので、棚などを簡単に作ってくれた」
・「工具に強いので、家具が壊れても会社に持っていって直してくれる」
……現場で細かい作業をすることが多い現場男子は手先も器用。女性の中にはDIYが苦手な人も多いので、困った時に頼りになると感じる方も多いようです。

◎意外と好評な、建設業界の勤務時間
・「雨などで急に仕事が休みになることがあり、そんな時はふいに会えて嬉しい」
・「仕事が終わる時間が早く、夕方の5時くらいには家に帰ってくるので、その分一緒にいられる時間が増えて嬉しかった」
・「雨の日は土木作業がお休みになることも多いので、『休みになったから一緒にどっか行こうか』なんてこともある」
……建設業界の勤務は朝早く始まり、夕方には退勤するのが慣例。雨の日は休みになる現場も多いですよね。この勤務形態が「ふいに会えて嬉しい」「一緒にいられる時間が増えて嬉しい」と女性には好評のようです。

〜メリット番外編〜

ここからは、集まったメリットの中でユニークなものをご紹介します。

◎「家を購入するときは業界に詳しいので安心」
……建築が本業のため、家の購入やリフォームの時に頼りになる。という意見が挙がりました。原価が分かるため、「引越しの際に、修理費をぼったくられそうになったのを助けてもらえた」という意見も。

◎「ドライブデートでも道に迷わず、カーナビいらずで頼りになる」
……数ヶ月ごとに異なる現場に通うことも多い建築業界の仕事。地図が苦手な方も多い女性から見ると、頼りがいがあるのかも。

◎「道具や現場をきれいにするのが日課の為か、キレイ好き」
……現場に入ってすぐの頃、親方から現場や道具をきれいに保つことを教えられた人は多いはず。この習慣が「キレイ好き」と女性に好評のようです。

◎「彼が建設に携わった橋などの建造物をデートで見に行ったりするのが楽しかった」
……自分の仕事が長く残るのは建築業界の特徴。丹精込めた仕事を彼女に見てもらえたら、少し誇らしくなりますよね。

次はデメリット、質問の「建設業に勤める男性と付き合うデメリットを教えてください」に集まった回答をご紹介します。

■笑顔の裏には心配も……。建築業の男性と付き合うデメリット

出会いを大切にするにはデメリットも知ろう

こちらも、まずは「あるある」と頷いてしまいそうなポイントをご紹介します。

△気性や言葉遣いが荒い
・「男性の職場で働いているためか声が大きく、ケンカした時には大声で怒鳴ることがある」
・「お酒を飲むと威勢がよくなり過ぎて口調が悪くなる」
・「めったに怒りませんが、一度怒り出すとなかなか怒りが収まらない。私に暴力は振るいませんでしたが、物に怒りをぶつけていて怖かった」
……建設業は男らしさが求められる職場なので、気性や言葉は荒くなってしまいがち。でも女性には少し怖く感じてしまうようです。仕事先では男らしさが求められますが、相手には優しい面を見せてあげると女性も安心できるかも。

△時には「職人気質」や「こだわり」を抑えることも必要?
・「工具に強い情熱を持っているので、それに比例した費用をつぎ込みお金がないこともよくあった」
・「家具の組み立てを手伝ってくれるのは有難いが、1mmのズレも許さない徹底ぶりに『そこまでこだわらなくても……』とうんざりしたことがあった」
・「頑固で妥協できないことが多く意見が対立しやすい。私が折れることが大半」
……建設現場は職人気質を持つ人も多い職場ですが、プライベートに強いこだわりや頑固さを持ち込むのは控えたほうが良さそうです。時には女性の意見に合わせることで円満にいくこともあるのではないでしょうか。

△勤務時間や勤務場所が読めない
・「職人さんなのでシフトが読めない。雨が降れば休みで、休日だと思っていたけど急に出勤がありデートしにくい」
・「朝が早いため夜寝るのが早いこと。しだいに夜のデートはなくなった」
・「遠方の現場に長期で行く時があり、会いたいときに会えないことが多々ある」
・「現場が遠い所だと朝早く、帰りが遅い。結婚して家庭を持つと子供との時間が無い日もある」
……メリットの項目で紹介した「朝早く、夕方早くに終わる仕事時間」をデメリットに感じる女性もいるようです。仕事なのでどうしようもない面もありますが、相手が寂しさを感じないよう、休憩時間にLINEなどで連絡してあげましょう。

△怪我が多く心配です……。
・「危険と隣り合わせの職業なので事故の話や怪我の話は多く聞く。実際に業務中に手首を捻挫した事もあり、常に不安・心配がある」
・「仕事でよく怪我をする(小さい怪我は毎日のように)ので、心配が絶えない」
……重いものを運ぶことも多く、電動工具を使ったり、落下転落などの恐れもある建設現場。常に安全な仕事を心がければ、お付き合いしている女性の不安や心配も減るかもしれません。

〜デメリット番外編〜

こちらもメリット同様、集まった回答の中からユニークなものをご紹介します。

△「服や靴下が汚れるので仕事帰りのデートが出来ない」「仕事終わりに会うと汗臭い」「洗濯が大変だった」
……どうしても体を動かし、汚れてしまう職場なので服の汚れが気になる女性は多いようです。仕事後のデートには消臭スプレーや着替えを用意して、気遣ってあげましょう。

△「仕事の付き合いでお酒を飲む事が多く、やさしい男性で地位も高かったので飲み屋の女性にモテてていた。そのため、女性がらみで不安になることが多々ある」
……こちらは現場監督とお付き合いしていた方の意見。仕事柄付き合いでお酒を飲みに行くことも多いかもしれませんが、仕事の付き合いだとフォローしてあげれば女性も納得してくれるはず。

△「女性が少ない職場のため、少し女性の扱いに慣れていない」
……一方でこんな意見もあります。女性の意見は厳しいものですね。

集まった回答の中には仕事上どうしようもないこともありましたが、相手の不満を聞いてそれに合わせる優しさも時には必要なのでしょう。「人生色々、男も色々」という歌がありましたが、女性だって色々。最終的には相手に「何が許せて、何が許せないか」を聞いたうえで、すり合わせが必要なのかもしれません。

良いパートナーが見つかれば、大変なことも増えますが嬉しいことも増えるはず。これを読む皆様に良き出会いがあることを祈って、締めの言葉にいたします。

角度を変えると見えてくる“現場のヒント”

2025年の東京はどうなる!?〜都市計画の専門家、市川宏雄教授が語るポスト東京五輪〜
世界初となる鉄筋業界の博覧会『鉄筋EXPO』レポート。次世代へ繋ぐ”結束”が合言葉!
省エネ”から“創エネ”へ!「あかりパーク®」で見えてきた建設業界の最新エネルギー事情
【産業医監修】 自律神経を活用して、現場で溜まった疲労を回復する4つの方法
建設業の”これから”を考えよう「次世代建設業産業モデルシンポジウム」 レポート
【工事現場向け】ガンコな年上部下をマネジメントする8つのコツ
仕事時間の時短も可能!?建築EXPOに最先端のツールや建材が大集合!
作業着専用洗剤はどれだけ汚れがよく落ちるのか、男2人してウフフな場所で実験してみた!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でケンセツプラスをフォローしよう!