建設キャリアアップシステム導入をスムーズにする登録支援サービス

建設業イメージ

2019年4月から全国で運用が開始された建設キャリアアップシステム(CCUS)。建設現場で働く人の就業・稼働データを集積・管理することで、人手不足や高齢化など建設業界の課題に対応していこうとする取り組みです。
このシステムの導入をスムーズにするのが、MCデータプラスが提供する「技能者情報登録支援機能」。労務安全書類の作成・提出・管理サービス「グリーンサイト」に加入していれば、利用可能です。今回はこのサービスによる手順とメリットについてご紹介します。

サービス概要資料
https://gs.kensetsu-site.com/helpdesk/public_file/ccus_more_detail.pdf

煩雑な技能者情報登録の手間を大幅に軽減

グリーンサイトのデータを登録に利用

建設キャリアアップシステムは、建設業を担う優秀な技能者を確保・育成することを目的として、個々の技能や経験に応じた適正な評価や処遇を受けられる環境を整備するための仕組みです。技能者の就業履歴や保有資格などを、技能者に配布するICカードを通じてシステムに蓄積することにより、技能者の処遇の改善や技能の研鑽を図ることを目指しています。官民一体の取り組みとして、一般財団法人建設業振興基金が運営主体になっています。

一般財団法人建設業振興基金

一方、グリーンサイトは、労務安全書類(通称:グリーンファイル )をインターネット上で作成・提出・管理できる、 元請会社・協力会社が加入する会員制(有償)のクラウドサービスです。こちらはMCデータプラスが提供しています。現在、登録されている技能者情報数は140万人分(2019年9月末時点)にも及びます。

運営会社
MCデータプラス

建設キャリアアップシステムとグリーンサイトとは用途も運営主体も異なりますが、入力している情報のうち、多くの共通事項があります。この点を利用して、建設キャリアアップシステムへの技能者登録申請の際にグリーンサイトのデータを送り、申請の手間を軽減するのが、「建設キャリアアップシステム技能者情報登録支援機能」です。

●建設キャリアアップシステムの申請から利用までの流れ
建設キャリアアップシステムの申請から利用までの流れ
資料/MCデータプラス

建設キャリアアップシステムへの申請データの約7割をカバー

建設キャリアアップシステムを導入するためには、まず元請会社、協力会社とも事業者申請を行い、それぞれが事業者IDを取得します。さらに協力会社の場合、実際に現場で働く技能者ひとりずつに技能者情報登録申請を行い、各自の技能者IDとキャリアアップカードを取得するというのが主な流れです。MCデータプラスが提供する「建設キャリアアップシステム技能者情報登録支援機能」は、この技能者情報登録申請時の手間を軽減するサービスとなっています。

●サービス全体イメージ
サービス全体イメージ
資料/MCデータプラス

建設キャリアアップシステムにおける技能者申請では、技能者各自の記載内容は135項目にも及びます。そのうち記入必須の項目は68ありますが、グリーンサイトに入力済みのデータを活用すればそのうち約50項目の入力をカバーすることが可能です。

そのため、グリーンサイトを利用している企業であれば「建設キャリアアップシステム技能者情報登録支援機能」に申込むと、技能者登録申請の項目の約7割を自動的に埋めることができ、建設キャリアアップシステムでのキャリアアップカード取得の際に、新規で入力する項目が大変少なくなります。不足の必須項目は、保有資格証の写しや住所、連絡先のカナ表記などのみ。これらは、グリーンサイトからのデータ連携ののちに建設キャリアアップシステムへ直接入力する必要があるものの、キャリアアップカード発行にかかる入力の手間が大幅に軽減されます。

このグリーンサイトの有償オプションサービスの費用は、サービスを申し込んだ年の4月から翌年3月までの1年間で5,000円。定額制なので、何人登録しても、何回登録してもこれ以上のコストはかかりません。

ただし、このオプションサービスを利用するにはグリーンサイトに加入する必要があります。また、グリーンサイトの基本利用料、「建設キャリアアップシステム技能者情報登録支援機能」の利用料の他に、建設キャリアアップシステムへの登録やカード取得については(一財)建設業振興基金に支払う費用が別途必要です。

現在、MCデータプラスでは2020年3月末までこの支援機能利用の無料キャンペーンを実施中です。技能者登録はもちろん、建設キャリアアップシステム加入にも絶好の機会といえるでしょう。

キャンペーン資料
https://gs.kensetsu-site.com/helpdesk/public_file/CCUS_Campaign201901.pdf

●追加登録が必要な必須項目:18項目
追加登録が必要な必須項目
資料/MCデータプラス

グリーンサイトからの情報提供は登録時の1回のみ

登録支援機能の利用にあたって注意点があります。まず、グリーンサイトの個人情報を建設キャリアアップシステムに提供する確認と了解を、技能者各自が行う必要があるということです。グリーンサイトを利用中の建設現場で、無料で使えるチャットサービス「stacc」を技能者本人がスマートフォン等にインストールし、アカウントを作成して利用約款に同意すれば、第三者へのデータ提供が可能になります。スマートフォンのない方は書面でも受け付けています(この場合は別途手数料1,000円が必要)。

チャットサービス「stacc」

また、2018年11月に始まったこのオプションサービスは、登録時の支援を目的としているため、グリーンサイトからの技能者情報の提供は、建設キャリアアップカード取得申請時のみとなっており、登録後の情報の更新は、建設キャリアアップシステム側で行っていく必要があります。

冒頭で触れたように、建設キャリアアップシステムとグリーンサイトは、用途も運営主体もまったく異なります。ただし、共通の入力項目が多数あることから、建設キャリアアップシステムへの登録申請にグリーンサイトのデータを利用できるようにしたのが、「建設キャリアアップシステム技能者情報登録支援機能」の仕組みです。

建設キャリアアップシステムは、業界全体の人手不足解消と待遇の底上げを目指すもの。2019年4月の運用開始以来、登録者数は順調に増加しており、今後5年間で全国300万人の技能者全員の登録を目指しています。グリーンサイトを活用した登録支援サービスの無料キャンペーンを利用して、建設キャリアアップシステムへの技能者登録を済ませてはいかがでしょうか。

■参考
国土交通省 建設キャリアアップシステム
http://www.mlit.go.jp/totikensangyo/const/totikensangyo_const_fr2_000033.html

建設キャリアアップシステム 申請 技能者登録
https://www.ccus.jp/p/application_ginousya

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でケンセツプラスをフォローしよう!